無申告の人には期限後申告する事をお勧めします

社会人になったら必ずしなければいけない確定申告について学校で勉強した記憶がありません。

ところが、アルバイトを始めたり、正社員になって給料を受け取ると、税金は自然に支払われるとばかりは言えないことがわかってきます。

非正規雇用で働く人が増えているので、税金は正確に源泉徴収されないことも多いのです。また、株やFXなどの金融商品の取引やインターネットオークションなどで副収入を得ることもできるようになっているので、実際には確定申告はとても身近なこととなっているのです。

私が初めて確定申告をしたときも、世の中にそのようなものがあるとは知りませんでした。当然無申告で、期限後申告という形をとったわけです。
無申告・期限後申告専門の川口税理士事務所

確定申告では、ある年の1月1日から12月31日までの収入に対して納めるべき税金の額を、翌年の2月16日から3月15日の間に申告することになっています。

私の場合は、この期間外にある日突然封書が届きました。税金を計算して申告しなさいといった内容だったような気がします。

何だかよくわかりませんでしたが、給与明細書などを持って税務署に行くとマンツーマンで対応してくれて、書類の記入を手伝ってくれました。前年に数箇所でアルバイトをしていたので確定申告が必要だったのです。結果は、税金の払い過ぎで、4万円から5万円が後に還付されました。

この場合は、もともと税金を多く納め過ぎていたので問題なかったのですが、もし自分が納めるべき税金を納めていなかった場合、無申告加算税や延滞税が加算されることがあります。

株式の売買も昔は譲渡益から自動的に源泉徴収されていましたが、現在では申告分離課税も選択できますし、FXで得た利益からの自動的な源泉徴収はありません。

ネットオークションでの利益も金額によっては自分で申告する必要があるのです。なぜこれほど大切なことが義務教育でしっかりと教えられていないのかは謎ですが、納税は義務ですから自分で正確に把握して申告するしかないのです。